ぶらり房総日記

ライブ

2015.10.16(金)
@小岩bushbash
開場/開演 19:00/19:30
前売/当日 1500円/1700円(D別)
出演/夜霧、zazo、The HARPY'S、Ugly Girl、お賽銭泥棒

2015.10.19(月)
@渋谷7th FLOOR
開場/開演 18:30/19:00
前売/当日 共に2000円
出演/倉内太、コルネリ、古宮夏希&そのさきのむこう、お賽銭泥棒
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
もぞもぞ虫・蟲展閉幕
もぞもぞ虫・蟲展@たまごの工房、無事終了しました。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
生物学・昆虫学的な立場と芸術的なアプローチが互いに歩み寄り、そこに生まれるグレーゾーンが大変面白いと思った。
個人的には、今回初めて参加して、いろいろと勉強になることが多かった。みに来ていただいた方はわかると思いますが、あの空間で埋もれない為にはどうしたら良いか等々、今後の課題として次回もまた参加したいと思いました。虫のチョイスひとつとっても、ちゃんと結果に出るんですねー。同じ枚数ずつ持っていった昆虫しおりも、ナナフシだけ完売した!

虫展、たまごの工房blogで紹介してもらってた!http://fromtamago.exblog.jp/21729899/

そしてhakarame展、始まってます。なかなか集めようと思っても集まらないような個性的な作家さん達が、絶妙なバランスで揃った素晴らしい展示だと思います。武蔵野画廊にて3/10(月)まで、ぜひみにいらしてください。

こちらも紹介してもらってます。http://kastanet.jugem.jp/?eid=108
| jiro | - | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
モンシロチョウとエビガラスズメの蛹
虫展の搬入日、屋外に出しているゴミ箱用のポリバケツにてモンシロチョウの越冬蛹を発見。

薄茶色。

羽化したての成虫が見たいというエゴにより、家の中でかくまって春の訪れを待つことにしました。我が家の室内温度は外気温と大して変わりません(残念なことに外より寒いときもある)。


ということで、段ボール片に移植。おそまつさまです。ゴミ箱とか段ボールとか、つくづく貧乏くさい運命を背負ったモンシロチョウである。

で、同じく越冬蛹として保管中のエビガラスズメと同じ虫かごへ。どっちが先に羽化するのだろうか。

先住者であるエビガラ蛹は、去年の晩秋に九十九里浜は一松海岸で拾って、その地の砂と一緒に連れて帰ってきたもの。

ちなみにこいつ、指先でつまむと、虫好きな人でもちょっとひるむような動きをします。最初、知らずに触ってかなりびびった。虫嫌いの人が誤って触るようなことがあったら(そんなことはないだろうけど、、、)たまらないだろうねえ。

さて、春が待ち遠しいものです。
| jiro | 昆虫図鑑 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
もうすぐ虫展
このところの天候不順(主に雪)による影響として、停電とか、杉が倒れて屋根にのっかるとか、単純に積雪で身動きとれないとか、かんべんしてほしいことも多いが、そう悪いことばかりでもなかった、というのは、僕がやってるのは外仕事の為、雪が降るたび仕事にならなくてお休みになるのである。つまり、目前に控えた展示の準備に、充分に時間がとれるのだ。これはありがたい!働かない分の収入はないけれど、、、。

というわけで、明日は虫展の搬入ですが、出展品はすでに出揃い、あとは納品書を書いたりするだけというこの余裕さよ。


木版画作品とか


昆虫コースター


しおり(新作5種)


小1のときの観察日記の絵をポストカードにしました

こんなん持って、明日は久しぶりに高円寺へ。
〜mozomozo〜虫・蟲展@Galleryたまごの工房は2/18(火)からです!よろしく。
| jiro | - | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
展示予定 昆虫と葉から芽
グループ展に参加します。
まずはこちら。





〜mozo mozo〜虫・蟲展@Galleryたまごの工房
2014.2.18(火)〜3.2(日)※月曜休廊
12:00〜19:30 ※最終日18:00まで

虫モチーフ限定の展示(!)てことで、高円寺のGalleryたまごの工房にて、「忽然堂」として出展させていただきます。かねてからこういう展示に参加したかった僕としては、念願叶ったりです。木版画作品、昆虫しおり各種、アメンボ図柄コースター、小学生時代のかんさつにっきポストカードなど出す予定。虫好きはぜひぜひ。苦手な人も、生モノは居ないようですのでおそるおそる覗いてみてはいかがでしょうか。

続いてこちら。





hakarame展@武蔵野画廊
2014.3.1(土)〜3.10(月)
12:00〜19:00 ※最終日17:00まで

同居人がキュレーター(?)として動きまくって実現した企画。なつかしの武蔵小金井(むかし自分が住んでたってだけ)の武蔵野画廊にて。こちらも木版画作品と、ブックカバーや小物を出展予定。この展示には“新たなる挑戦”という男気あふれる裏テーマがある為、慣れない針仕事に悪戦苦闘しております。参加者がバラエティにトンデルし、期間中ホーメイのライブも行われるらしいので楽しみです。
HPもあるよ→hakarame

どちらも気合い入れてのぞみます。みなさまのご来場をお待ちしてます。
| jiro | - | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
麓の馬


年賀状用に版画を作る時間がなかった為、おととしくらいに作った馬モチーフの作品をひっぱり出してきて刷り直しました。ここだけの話。

やりたいこととやりたくないことがはっきりしてはきましたが、それはまだ我が儘の域を出ません。実りのある年にしたいですね。
| jiro | - | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
R氏とO氏
今年は2枚のクリスマスカードを描いた。どちらも、人にあげてしまうので手元には残らない。


「Santa Rabbit氏による樹木と天体の融合実験」


「Santa Octopus氏による水中滑走実験」
| jiro | - | 22:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
NorthernからHurricane
ライブ等の予定が全くない今現在ですが、この謎のタイミングでギターを購入してしまった。モリダイラのハリケーンというストラト。自分でもよくわからないのだが、ヘッドのシャープな形状とかに心惹かれるものがあったのだろう。今まで散々、のーざんだのおるふぇうすだの素性の知れないギターを使ってたけど、モリダイラ=モーリスといえば少しはメジャーなブランドに手を出したことになるのでしょうか。但しモーリスのエレキなぞ初めて聞きましたが(そこらへんは検索とかしてもらえばいろいろ出てくると思うので割愛)。

詳しく分析してみると、まあずっと使ってるのーざん君(もらいもの)が恒常的に調子悪く、度々分解してはハンダ付けとかしてたのだけど、もういい歳なのだし自分で気に入ったギターがあれば買おう、と思ってはいたのです。で、できればのーざん君と同じストラトタイプで、でもフェンダーじゃないやつが良いなーと思ってたところへ、前述のハリケーンというやつが現れてきて、ああそうそうこういうの、という感じで購入に至った次第。

ちなみにもうひとつ、ちょっとだけ買うか迷ったギターがあって、カシオのEG-5という。テレコ&スピーカー内蔵(!)で、カセットテープを再生しながらギターの音も出せる(テープに直接録音もできる)という珍ギター。あんまりキワモノに過ぎるよね、と思って買うのやめたんだけど、そうやってお前は無難な道(人生)を選んでいくのか、とそのギターは呟いたとか呟かないとか。べべべつに、ハリケーンが無難な選択だったとは思っていませんよ、、、(それはそれでどうなのでしょう)。
| jiro | - | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
以下、近況
さてさて
時の経つのは早いもの 田舎の道は続くもの

このブログも、更新が月1〜2ペースになって久しい(しかも最近は告知か虫)ですが、ホントはもっと更新したいし、どうでもいい日常を綴りたい気持ちはある。しかし仕事柄、朝は早いし夜は早いしで、ついついパソコンを開くのが億劫なのである。一旦ブログ書き始めると、けっこういい時間食うし。
普段から仕事以外ではほとんど人と会わない上にツイッターやらフェイスブックやらにも乗り遅れている(たんぶらーはやってる。しかし一方通行な使い方しかしてないしそもそもまったく更新してない)自分としては、自分が自分として存在し、ものを思っていることを第三者が認識できるのはここくらいのものなのだが。

もともとツイッターなんてケータイ持ってない人間がやっても面白くないでしょと思って手出ししなかったけど、気付けば自分もケータイを初めて所持してからもう一年が過ぎていた。今では電車の乗り換え案内も調べられるし、ラジオで聴いた気になる曲をメモ帳機能にメモしておくこともできる。そのようにケータイを使っている。

ラジオはまたよく聴くようになった。カーステレオがCDの読み込みを拒否しだしたからである。もっぱらNHK-FMばかりですが。ラジオで聴いた曲をメモして、あとでCD探すようなことが増えた。アナログ盤で聴く音楽が何割増しか良く聴こえるように、カーラジオから流れてくる音楽にも似たようなマジックがかかっていると思う。


ラジオで聴いてビビビときた、エリック・サティの歌曲「いいとも、ショショット」

夜はちまちま木版を彫っているが、ポストカードサイズの版に一週間もかかったりしている。こんなペースでは先が思いやられます。来年2月3月と立て続けに2つ展示の予定が決まっており、年明けにテンパるのは目に見えているのだ。

以上、近況。
| jiro | - | 20:55 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
蔵書票の感想、他
蔵書票展@アトリエ・アッティコ無事終了しました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

蔵書票をつくるということ自体初めての経験だったので、手さぐりな部分が多分にありましたが、一方で、自分でいうのもアレなんですが、自然と蔵書票の世界に入り込めて、わりとすんなり制作できた感じがして、(あ、向いてるのかな)と思いました。もっといろいろつくってみたいと思いました。


「本の虫 虫の本」


「忽然堂蔵書 ゾウムシと月齢」

ついでに、忽然堂としての雑貨制作のほうも、今回はしおりのみでしたが、他にも商品を増やしていく予定です。


謎の昆虫セレクト。もっと地味な虫とかいっぱいつくりたい!誰が買うのか、、、。
| jiro | - | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第9回 蔵書票展




蔵書票という、未知の世界に足を踏み入れてみました。といっても、古本屋の息子ですので、それほど縁遠い世界ではありません。久しぶりの展示なので楽しみです。

忽然堂(コツゼンドウ)という名義で、雑貨の制作も始めました。今回は、本にまつわるものということで、しおりを制作販売致します。全て昆虫の図柄となりますゆえ、苦手な方は悪しからず。


第9回 蔵書票展
アトリエ・アッティコにて
2013年11月5日(火)〜11月10日(日)
13:00〜19:00(最終日は17:00まで)
東京都世田谷区瀬田1-11-4
03(3707)4536
http://home.s08.itscom.net/el-atico

ちょっとわかりづらい場所ですが、皆さまのご来場をお待ちしております。
| jiro | - | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ