ぶらり房総日記

ライブ

2015.10.16(金)
@小岩bushbash
開場/開演 19:00/19:30
前売/当日 1500円/1700円(D別)
出演/夜霧、zazo、The HARPY'S、Ugly Girl、お賽銭泥棒

2015.10.19(月)
@渋谷7th FLOOR
開場/開演 18:30/19:00
前売/当日 共に2000円
出演/倉内太、コルネリ、古宮夏希&そのさきのむこう、お賽銭泥棒
<< ヤハズカミキリ | main | ナガスネエンマコガネ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
和紙を漉いた
さる日曜日に、五日市へ行ってきた。JR五日市線終点武蔵五日市駅から更に西へ(車で行ったのだけど)行ったところの、あきる野ふるさと工房という場所で、東京の伝統和紙である軍道紙(ぐんどうがみ)の紙漉き体験をしてきました。きっかけは別にあったのだけど、とはいえ木版画を作っている以上、和紙作りというのはいずれ避けては通れぬ道と心得ておりましたので、というのは大袈裟ですが、でもいつかはやってみたかったのでちょうど良い機会であった。

紙漉き体験もここではいろいろなコースがあるのだけど、僕が選んだのはハガキサイズの和紙6枚作って1050円というコース。基本水仕事なので、冬場の作業の大変さは想像に難くないですが、今の季節は気持ち良いし、楮(こうぞ)を水に溶かしたときの感触も心地良かった。

ハガキ6枚はアッという間にできて、乾燥させてる間に払沢の滝を見物してくる。といっても虫探しがメイン。良い虫多数。そのうちここにアップします。

漉いた和紙が乾いた頃を見はからって、工房に戻る。紙も自分で漉けば、愛着もひとしお。多分だけど、ここにはいずれまた和紙を作りに訪れる気がする。お土産に、原料であるトロロアオイの苗をいただいた。千葉でも育つかな。和紙には根っこのネバネバ液を濾して使うのだが、花は生で食べられるらしいぞ。楽しみ。


こんなものを作った。木版画で「軍」「道」「紙」。もちろん、軍道紙使用。
| jiro | - | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:14 | - | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ