ぶらり房総日記

ライブ

2015.10.16(金)
@小岩bushbash
開場/開演 19:00/19:30
前売/当日 1500円/1700円(D別)
出演/夜霧、zazo、The HARPY'S、Ugly Girl、お賽銭泥棒

2015.10.19(月)
@渋谷7th FLOOR
開場/開演 18:30/19:00
前売/当日 共に2000円
出演/倉内太、コルネリ、古宮夏希&そのさきのむこう、お賽銭泥棒
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
第三回 茫々 出演者紹介
出演者紹介いたします。

まずは池間由布子さん


なんでしょうね―この人は...すんませんいきなり。
そもそもは、第二回 茫々にて怪演してくださった夜霧というバンド、このバンドが気になってたときに、初めてみに行ったライブで共演されてたんですね。というかそのとき夜霧は夜霧として演奏しなかったので(村上さん病欠の為)、池間さんの方を先に知ったことになる。
その後も夜霧とはよく共演されたりしていて、私も既に池間さんのCD聴いて良いな〜と思っていて、ライブをみる機会が何度かあり、みる度になんか良いな〜具合が更新されるとともに、正体不明度も増していく。そもそも本人が一切ネットやらSNSやらの上に姿を現さず、活動も何やら独特の動きをされている。透明感のある歌声で、MCとかでふわっとした雰囲気を醸しつつも、歌詞を聴いてると全然ふわっとしてない。特別な言葉使いをしている訳でもなく、なのに言葉が尖がっているというか、強度があって。日常的な言葉が聴く角度によって非日常性を帯び、見慣れているはずの風景が知らない街に見えたりする。そこらへんに私は池間由布子のアシッド的な魅力が隠されているのだと思います。
だから、というか、私はそのへんのロックバンドなんかよりもよほど硬質なものを池間さんに感じていて、自分が企画に呼ぶなら弾き語り系のイベントよりか、がっつりバンドの中にポンといた方がきわだってかっこいいだろうな〜と思ってて、それで今回Keinsという超硬質バンドとの共演と相成ったのでありました。


で、そのKeins

丸山康太(Gu、Vo)、大久保仁(Gu、Ba)、山中康史(Dr)からなる3ピースバンド。丸山さんってまあドレスコーズで世に知られたか知らないですが、元々はピンクグループとか、もっと前はグルーポチェケレとかホクホクセイ(漢字表記忘れた)とかやってた頃から見てて、というか、ちょうど私がライブハウスに出入りするようになった頃、そんなバンドでやーばい音と空気発しながら都心や都下の地下で活動してた人。
で、まあドレスコー抜けてKeinsってバンド始めてから3回くらいライブみてますが、音はガレージサイケ?っていったら身も蓋もないけど、日本人のサイケによくある湿度みたいなの一切なく、爆音で荒削りなんだけど、聴いててすごく気持ち良い。Aメロだのサビだのいってるバンドには一生辿り着けない音だなあとか思ってたけど、あとで聞くところによると練習ではしっかり固めてるみたい。でもいざステージで全く別のものを弾き出す。そこらへんにはやっぱりこのバンド(というか丸山さん)の固まることを敢えて拒否し続ける姿勢を感じる。
突っ走る丸山さん、素知らぬ顔で合わせる仁くん、イライラしながらもついていくヤッチという構図は見ようによってはかなりキュートで、そこも見どころですね。
Keinsもまた、ネット上で知ったふりしようとしてもなんもない人らで、実際その場でライブみないことには始まらない音出してるし、正しいあり方だと思います。


結局、池間由布子さん聴いてテニスコーがどうとか言ってる人らにKeinsみてほしいし、Keins聴いてドレスコーがどうとか言ってる人らに池間さんをみてほしいわけです。ライブの企画者なんてみんなそういうもんだと思いますが、私ももれなくそういう気持ちでこの組み合わせにしてますので、そこのところよろしくお願いいたします。
あ、お賽銭泥棒もがんばります。相変わらずよくわからん新曲作ってます。

2015.9.22(火・祝)
第三回 茫々
@国立地球屋
開場18:00/開演19:00
前売1500円/当日2000円
出演/
池間由布子
Keins
お賽銭泥棒

予約/kemonoanimal@yahoo.co.jpや各出演者や地球屋まで!
来場者にあげるものも考え中です。たくさんのご来場お待ちしてます!

| jiro | - | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第三回 茫々
お久しぶり

夏の定期更新でございます



「第三回 茫々」の告知宣伝アピール期間に入りましたので、休日になりますとほうぼうに出かけてチラシ配りをしております。チラシ配りをダシに使ってのライブ鑑賞やお店回りが主ですので、お金はなくなりますがなかなか良いものを見てまわっています。主催元であるお賽銭泥棒のライブもツイッターの拡散力もない私には、このようにして実地に手配りするほか道がない。一人でも多くの人に知ってもらえたらと思ってます。



さてそんな茫々3回目の概要はこちら↓



2015.9.22(火・祝)

第三回 茫々@国立地球屋

開場/開演 18:00/19:00

前売/当日 1500円/2000円(D別)

出演/

池間由布子

Keins(丸山康太+大久保仁+山中康史)

お賽銭泥棒



チラシはこちら↓





ご予約はこちらまで↓

kemonoanimal@yahoo.co.jp



企画理念は第一回から変わらずの、夏草イモヅル草茫々でございます。といっても一回目みたいな規模のを続けていくのはスタミナ的にも経済的にもいずれ破綻いたしますので、しばらくは小規模でコツコツ打っていく感じです。



この日の出演を快諾してくだすった池間由布子さん、Keinsのみなさんについてもまた近々書きますね。ひとまずどうか、よろしくお願いいたします。
| jiro | - | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第二回 茫々


第二回 茫々
2015.4.18(土) 合羽橋なってるハウスにて
開場18:30/開演19:00
前売1500円/当日2000円(共にドリンク別)
出演/夜霧、カニコーセン、お賽銭泥棒
予約/kemonoanimal@yahoo.co.jp
※缶バッチのお土産付き(来場者全員。カッパ、タコ、ヤカンの3種類からひとつお選びいただけます)

また茫々やらせてもらう運びになりました。まあ、私が企画したイベントを茫々と呼ぶと認識していただけたらありがたいです。会場は前回の立川セプチマに続いて、今回はなってるハウス。出演者も3組に絞ってちょっと濃い感じになっています。


夜霧


鉄割アルバトロスケットのメンバーであります村上陽一(ギター)と、トライバルビレッジ浅草というバーで店主をされております横山友輝(ベース)からなる二人組インストバンド。とあるきっかけで存在を知って、まず夜霧というバンド名が良い。ライブの時は正装し、ヨダレを垂らしながらジャンル不明のスカスカなインスト曲を奏でるという噂。
どうにも気になってしまったので、昨年の暮れにライブを見に行っているのですが、そのときはインフルエンザの為村上さん欠席(鉄割の戌井昭人さんが代役を務められ、それはそれで大変良いものでした)、年明けに念願叶ってなってるハウスでライブを拝見しました。その場で今回の出演交渉をした記憶があります。
言葉にできないような感覚的なものを言葉にしないまま表現されていて、その繊細さと不器用さのバランスが素晴らしいと思っています。それから、その場の空気や物音すべてが彼らの演奏の一部になってしまうような天性の懐の深さとポルターガイスト性があり、あれはホントに羨ましい。


夜霧/ちょうちょ


カニコーセン


伏線はいろいろあるが、数年前、神戸の元町映画館で会田誠の映画が上映された折、一般の人らから駄作を募ってグランプリを決めるという企画があり、私の友人の弟さんがその映画館に勤めている流れで、私も駄作を郵送して応募したんです。その後、友人から連絡があり「あの駄作展カニコーセンゆう人がグランプリやったよ」とのこと。「なんかバンドレスの人と一緒にライブしたりしてるみたいなんだけど、知ってる?」と訊かれ、バンドレスはお賽銭の企画に出ていただいたり向こうのレコ発に呼んでいただいたりしていたのですが、カニコーセンて聞いたのはそれが初めて。
時は経ち、次第に鈴木常吉さんなどからも名前を聞くようになり、「播州汚泥フォーク」というキャッチにも惹かれ、CD買ってみたらこれが良くて、お酒や性欲や借金の歌ばかりなのに、行ったこともない加古川の風景が見える。大阪でも京都でも神戸でもなく、加古川で生まれた歌なんだな、そういうところ大事にしてるの本当に素晴らしいことだと思います。
常吉さんにお会いした折、カニコーセンでどんな人なんですか?と訊くと、「あいつはよー、めちゃくちゃ腰が低くて慇懃無礼なんだけど、自分が一番面白いって腹で思ってるからしたたかな奴だよ。あとカバー曲に愛がないんだよな!でも、お賽銭の連中なら気に入ると思いますよ」とのこと。これは呼ぶしかないなーと思いました。


カニコーセン/酔いが醒めたらウチに帰ろう


お賽銭泥棒


がんばります。よろしくお願いいたします。


お賽銭泥棒/練習風景
| jiro | - | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
-mozomozo-虫・蟲展




-mozomozo-虫・蟲展
高円寺 ギャラリーたまごの工房
2015.2.18(水)〜3.1(日)※月曜休廊
12:00〜19:30(日曜のみ18:00まで)

よろしくお願いします〜



| jiro | - | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
予約や注文
tumblrの作品集更新しました。2014までに何らかの形で発表された作品載せました。ただただ羅列しているだけですが、よろしければ覗いてみてくださいまし。
http://jirotsuchiyaworks.tumblr.com/
シート1枚1500円くらいから(作品による)で、在庫あれば発送いたしますので、気になるものあればお問い合わせください。

2月はお賽銭泥棒ライブが2本あります。
▲2015.2.10(火)@東高円寺U.F.O.CLUB
開場/開演 18:30/19:00
前売/当日 2000円/2300円(D別)
w/岩井れな(京都)、古宮夏希&そのさきのむこう、月夜のドラッグ、SPICA

▲2015.2.27(金)@国立地球屋
開場/開演 19:00/20:00
前売/当日 1000円(D別)
w/moby soxx、小さいテレーズ、kisama alternative
DJ/MST-VRN

予約や注文はkemonoanimal@yahoo.co.jpまで、お気軽にどうぞ。
| jiro | - | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
展示のお知らせ、陶芸昆虫from家鴨窯
高円寺のギャラリーたまごの工房http://tamagonokobo.com/というところで開催される、

〜mozomozo〜虫・蟲展

というものに参加します。今回が5回目となる(私の参加は2回目)虫モチーフの作品限定の展覧会です。そのような展示は調べてみるといくつかあるようですが、私の認識としては、このたまごの工房で開かれる虫展が、一番自然科学寄りといいますか、アートアートしてない感じが居心地良いなーと思っています。



で今回私は相変わらずの木版画作品と、新たに陶芸作品も展示しようと思っています。というのも、昨年良き縁があって陶芸家の家鴨窯さんhttps://ja-jp.facebook.com/ahirugamaという方と知り合いになり、陶芸体験をさせていただいたからでして、普段の絵描いたり版画したりとはまた違った、粘土こねくりまわして造形するというのが、触覚をフルに刺激されましてめちゃくちゃ楽しかったのでした。あとやっぱり平面と立体とでは物に対する脳みその捉えかたが変わってくるのが新鮮で、脳みそのほうも活性化されて頭がかしこくなったような気がして気持ち良かったです。そういうことで昆虫をもりもり作りましたのでそれを展示したいと思ってます。



では一部紹介。



ゲンゴロウ。良いネーミングだなーと思います。なんか昔から日本人の生活のそばにいて親しみ持って呼ばれてたアダ名がそのまま採用されました、みたいな感じで好きです。





アカスジカメムシ。これはうまく可愛らしい感じに出来て気に入ってる。赤黒のカラーリングもさることながら、こいつはくさいの出さないカメムシなので好感度高いです。でも別にくさくたっていいじゃない、カメムシ可愛いじゃない、と思っています。人の靴下のほうがくさいです。





トビイロツノゼミ。外国には奇々怪々なツノゼミがいっぱいいるみたいですが、日本のは地味でそこがまた可愛い。釉薬の効果が良い具合に出たので満足。



ペンダントも作ってみました。



オオゾウムシ





ハンミョウ





ミヤマカミキリ



一応全部値段をつけて販売しようとは思っていますが、版画と違って全て一点物なので、愛着が湧いてしまって正直なところ手放したくない〜で困っています。
| jiro | - | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
版画の話、トンボ
たまには版画のことなど。



私が普段使用している版木は木版画用のシナベニヤというものです。材質が柔らかいのでそこまで細かい作業には向いてないかもしれません。私は学生の頃からずっとシナベニヤ使ってきたので、慣れと惰性でそのまま使い続けています。しかし、彫刻刀をちゃんと砥いだ上で、版の木目に対して刃を入れる順番などを計算しながらやれば、それなりに細かい線も彫れます。



今作っているのは、2月に参加する虫展用の作品。



だいぶ神経摩耗しながら彫りました、トンボの翅です。もう少し虫オタク的に述べますと、カトリヤンマの翅を参考にしました。





去年の8月夜、灯火に誘われて家の網戸にくっついていたもの。私トンボには疎いので、最初見たときは(おおっギンヤンマがいる〜)と思っていましたが、あとで調べましたらおそらくカトリヤンマ。



虫を作品にするときは、図鑑やネットの画像など参考にすることもありますが、そこはやはり自分で見つけてー捕まえてーしたのがベスト。そして今は便利な時代だからケータイカメラでパシャパシャやっとけばあとでいくらでも資料として活用できる。



以上、いつの間にやら版画の話が昆虫の話にすり替わったところで、今日はここまで。
| jiro | - | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
あいさつ、気まずさ

あけましておめでとうございます!全っっっ然更新してなかったら、自分のブログなのに気まずくなっちゃって自分でも全然覗いていませんでしたが、ふと出来心でアクセスログを見てみたら、週に一度くらいは50アクセス超えてる日がある。いやめちゃめちゃ少ないんですが、でも最低でも1〜2アクセスくらいあって、0の日はなかった。そしたらなんか申し訳ない気持ちになってきたので、今年はもう少しちゃんと書きます…。
ということで、新年のあいさつでした。また!
| jiro | - | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
お賽銭泥棒といいます
お賽銭泥棒といいます。ロックバンドです。今週末11/8(土)に南池袋ミュージックオルグで1R(ワンルーム)という自主企画ライブをします。

18時開場/18時半開演
前売2000円/当日2500円
出演/お賽銭泥棒、ケバブジョンソン、柴田聡子、ハツ、Hara Kazutoshi

私把握してないんですが予約そんなに入ってない様子。毎回ライブ企画するたびに、もうちょっと集客できたらなあ、というか、自分で言うのもですが我々の企画常に内容は自信を持って良いものですので、いつも勿体ないなーと思ってます。まあ我々の活動を振り返れば仕方のないことなのですが、ここはひとつ11/8はぜひ1Rへお越しください。出演者はみな良い音楽を奏でますし、転換BGMを大音量にしたりはいたしません。
また、そもそも行くつもりですというありがたい方も、ご予約いただけると我々は安心します。本番ギリギリまでヤキモキしないで済み、心に余裕が生まれ良い演奏ができます。

予約は以下までどうぞ。
osaisendorobou@gmail.com
または
各メンバーに直接連絡、メンバーやバンドのツイッターアカウントとか、まあ伝われば何でもいいんです。
よろしくお願いします〜。

お賽銭泥棒のライブ日はいつも天気予報に雨マークがついてしまい、それはもう慣れたけどかなしい。
| jiro | - | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ライブのお知らせ
ご無沙汰しております。ブログも書いてかないとねえ。

8月の、夏の終わらせ方は少々強引でしたね。今年の小学生はさぞや無常感を味わったろうな、と思います。
さて、さしあたって今週末、お賽銭泥棒のライブがございます。

9/6(土) 南池袋ミュージックオルグにて
開場/開演 18:00/18:30
前売/当日 1500円(ドリンク別)
出演/マーライオン、神さま、お賽銭泥棒

また雨予報出てますが、どうぞよろしゅうお誘い合わせの上お越しいただけたら大変うれしゅうございますゆえ、どうぞよろしゅう。

たぶん楽しい日になるかと。おさいせんはベースにサポートのマツイ氏を迎えての演奏となります。予約は各方面へ投げつけてやってください。わたしの方でも承ります。

それではまた。
| jiro | - | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

このページの先頭へ